FC2ブログ

畜産センター

水曜日の夜から喉が痛くて、一応内科に行ってお薬をいただいて飲んでいますが、大きな声が出せず、変声期の男子中学生みたいになってる藤壺です

先週の土曜日(もう一週間も前だ!)、にぃやんファミリーと、岐阜県の畜産センターに行ってきました

ちなみにこの日、末っ子は伊吹山登山に行きました。
そして今日は、郡上のなんとかという山(聞いたけど忘れた)に行っています。元気だねぇ~

末っ子は、毎週末のように帰ってきますが、登山やら釣りやらに出掛けて行きます。
登山用具・釣り用具の一式がここ(実家)に置いてあるからね

一緒に行くのは、職場の同期の人や、地元の友達や、大学の友達など。
いろんな仲間がいるようで、母は安心しています


さて、畜産センターでのおはなし。
大芝生広場でおにぎりを食べた後、ヤギ・ひつじ・馬・ポニー・ニワトリなどの動物を見てきました。
youくんは、初めて芝生の上を裸足で歩いたのでおっかなびっくりでしたが、すぐに慣れていましたよ


芝生広場には、他にも家族連れがたくさんいらっしゃって、子どもさんたちがボールで遊んだり走ったりしているのを、youくんは一生懸命見ていました

畜産センター

畜産センター・ヤギさん

この畜産センターは、子育て中に何度も訪れました。
当時と比べると施設も増えて、遊べる所も増えていました。
子供達を連れて来ていた場所に、今度は孫ちゃんと来るというのは、感慨深いものがあります。



この日はにぃやんファミリーがうちにお泊りして、翌日(日曜日)はちぃ兄ちゃんファミリーが来てくれてそのままお泊り。にぃやんファミリーは日曜日に帰って行きました

もうすぐお誕生日のyouくんは一人で歩けるようになり、もうすぐ6カ月になるsouちゃんは腹ばいになって少しずつ前進ができるようになりました

日曜日はとても賑やかでした

住所録

毎年、この時期になると、年賀状の欠礼通知が届きます。

年賀状を書くための住所録があるのだけれど、
ここ数年で、そのうちの何人かが亡くなられました。

今年も一人……


でも、名簿から消すことができなくて、そのままにしてあります。

消してしまったら、本当に終わりになってしまうようで……


文字という形だけでも残しておきたい……

そう思いながら、住所録の名前を眺める今日この頃です。

こころ旅・ひとり旅

NHKのBSプレミアムの番組『こころ旅』を、いつも楽しみに観ています。

今日の放送で、火野正平さんが自転車を漕ぎながら歌を歌ってらっしゃいました🚴

最初は、何の歌かなぁと思って聴いていたのですが、次第に

あれ?
あれあれ?

となって、

なんか聴いた事あるぞ……
絶対に聴いた事あるぞ〜!
何だっけ?


となって、しまいには一緒に歌ってました。

でも、歌の題名も、歌手名も思い出せないので、歌詞検索をしてみました。

すると、
佐良直美さんの『ひとり旅』という歌だと判明しました。


1976年リリースの曲とのこと。
当時 私は中学生。
もちろんその頃には、この歌は聴いていません。

誰かがカバーされた歌を聴いたのでしょうか?

謎ですね〜〜


いつ聴いたかは覚えていないのに、
メロディーが流れてくると口ずさむことが出来る……

歌って、不思議ですね

さつまいもで「鬼まんじゅう」

さつまいもをたくさんいただいたので、「鬼まんじゅう」を作りました

鬼まんじゅう

1:さつまいもを1センチ角に切り、レンジでチンして柔らかくする。
2:ホットケーキミックス100g・玉子1個・砂糖大1・牛乳150mlを混ぜ合わせる。
3:2に1を加え混ぜたら、耐熱容器に入れ、ラップして500㍗で7分(700㍗なら5分)チンする。
  まだドロっとしていたら、レンジで少しずつ加熱する。
以上!

上の写真は、耐熱容器から取り出し、一口大に切った物です。

地域によっては、蒸しパンとか、ふかしパンとか言うようですが、愛知では『鬼まんじゅう』と言うのです。

小麦粉ではなくホットケーキミックスを使っているので、ふわふわもちもちです
レンジではなく、蒸してももちろん美味しいです。

ぜひお試しあれ~

芸術の秋! ということで『メナード美術館』

知り合いの方から 招待券を頂いたので、『メナード美術館』に行ってきました

以前、何かで読んだのですが、
『美術館で絵を観るとき、「絵なんてよく分からないよ~」と言う人がいるが、そんな時は、「この中で買うとしたら、どれがいいかな~?」と思いながら観ればいいんだよ』
だそうです

なるほど。さぁて、どれを買おうかな?

メナード美術館

「豊かな自然と落ち着いた雰囲気の中で、じっくりと美術作品を鑑賞できるメナード美術館。
日本メナード化粧品株式会社の創業者、野々川大介・美寿子夫妻が中心となり、20数年にわたり収集した美術作品を広くご覧いただくため、1987年10月、夫妻の出身地である愛知県小牧市に開館しました。
女性の美を通じて社会に貢献するとともに、心に豊かさややすらぎをもたらす文化活動の提案により、ひとりでも多くの方に美に触れる歓びを感じていただきたい―それが私たちの思いです。」
(ホームページより)


開催されていたのは、『追悼 島田章三』
大変申し訳無いのですが、今までこの方を存じ上げておりませんでした

島田章三

「はなかたち ひとかたち」とは、島田章三が1983年に制作した油彩画の題名です。室内の女性、キュビスム的視点で構成された卓上静物と形象化された花。それらがシックな色調でまとめられた画面には、まさに島田の世界が凝縮されています。このタイトルのように、日常の人や物のかたちを捉え、カンヴァスに表現し続けた60年でした。
本展は2016年11月に逝去された画家の三回忌に際し、東京藝術大学時代から晩年まで、当館の所蔵作品から選んだ島田章三の作品と、島田を巡る画家たちの作品を合わせて構成し、その画業を回顧するものです。
(チラシより)

原風景となる故郷の横須賀の風景、パリに留学したときの作品、名古屋の大学に赴任してからの愛知県内の風景、などなど、初公開コレクションを含めた多くの作品が展示されていました。

他に、美術館コレクションとして、セザンヌゴッホマティスピカソシャガールなどの絵画や、
舟越桂さんの作品も展示されていました。


小牧城がある小牧山のふもと、結構街なかなのに、閑静な雰囲気で素敵な美術館で、静かに落ち着いてじっくりと観ることができました。

また行きたいです

あ、買うなら、パリ留学中のスケッチがいいです
大きさも手頃だし

食欲の秋! ということで『栗おこわ』


栗おこわ
(夜、室内の明かりで撮ったから、なんか全体が黄色っぽい

あの流血事件の後、栗ご飯を2・3回炊きましたが、先日同じ方から今度は餅米をいただきました
「栗」と「餅米」ときたら、やっぱり『栗おこわ』でしょ~!

栗はホクホクで甘~くて、餅米はもっちりで柔らかくて、大変美味しゅうございました

おかわりしてしまったので、体重が心配

『天高く 藤壺 肥ゆる秋』(毎年書いてる気がする

違いは何?

リビングから廊下に出たら、廊下の壁の下の方に何かいた!
薄茶色で細長い感じのやつ。

思わず「ぎゃぁ〜〜!何かいる〜〜!」
と叫んでしまったら、向こうも驚いたのか、止まってしまった。

もしや!Gか⁉︎

裸眼だったのでよく見えず、そ〜〜っと近づいて見たら、毎度お馴染みのヤモリだった。
しかも、まだ小さい子ども。

「なぁんだ。ヤモリか〜〜(^-^)」

って、思わず笑顔になっちゃったけれど、ヤモリとGのこの違いは一体何なんだろう?

流血事件【栗の写真追加しました】

冷蔵庫で寝かせてあった 栗 を剥きました。
と言っても全部ではなく、20粒ほど。

圧力鍋で煮ると、皮剥きがラクなんです(^-^)

ネットで検索すると、

まず、栗のてっぺんに切り込みを入れて(または、てっぺんを少し切り取って)から、圧力鍋で煮る。

と、書かれています。

で、てっぺんに切り込みを入れていたら、
左手の中指にも切り込みをいれる、という流血事件が発生‼︎


「ギャァ〜〜! 指 切った‼︎ 血が出た〜〜‼︎ 痛〜〜い‼︎」
と騒ぎながら、圧迫止血しつつ左手を高く上げ、
ソファに横になって、高橋一生のドラマ(録画しといたやつ)を観ているうち、出血も痛みも収まってきました。

一時中断の後、栗のてっぺんを少し切り取る方法に変更し、作業続行。

なんとか無事に皮を剥き終わりました(^-^)

栗

栗ご飯にするのが楽しみです。


中指は、力を入れたり物に触ったりすると、絆創膏に血が滲んで痛みますが、ま、そのうち治るでしょ。

サンセベリアの開花

出窓に置いてあるサンセベリア(別名『虎の尾』)が開花しました

サンセベリア

たま~に水遣りするだけで、ほったらかしなのに・・・

しずくみたいに光ってるのは、蜜です。
甘いのよ

え?なぜ知ってるかって?
だって、舐めたから

でも、この蜜、つぼみの時からあるのよ。
花の付け根の所に。

普通は、花の中に蜜があるよね。
不思議ですね~


それから、玄関横の サルビア・アザレア
サルビア・アザレア
(雨が降って、半分近く散っちゃいました・・・

ぐんぐん伸びるので、毎年オバケのように伸び広がって大変だったのですが、
今年は、「8月に15センチくらいに切るといい」と聞いたので、やってみたら、
伸び広がらず、いい感じになりました

散る前に撮ればよかったなぁ

末っ子・モネの池

ここのところ、毎週末 帰って来ている末っ子。

今日は、友達と釣りに行っています

先週は、高賀山へ登山に
何週間か前には、駒ケ岳にも行きました。

御嶽山の事があったのでとても心配なのですが、本人曰く、ちゃんと安全かどうか調べて行っているから大丈夫とのこと。
でもね、御嶽山に登ってらっしゃった皆さんだって、安全だと思って登ってらっしゃったのよ。

毎回、無事に帰ってくるまで心配でなりません

高賀山に行ったとき、「無事ですか~?」とお昼ごろにラインしたら、
頂上の写真と、この写真が送られてきました

モネの池

通称『モネの池』ですね。

モネの池(モネのいけ)は岐阜県関市板取の根道神社参道脇にある貯水池。高賀山の伏流水を利用して1980年頃に灌漑用に整備された。モネの池は通称であり正式な池の名称ではない。地元では根道神社の池もしくは単に池と呼んでいる。
(ウィキペディアより)

高賀山に行く途中にあるそうで、ちょっと寄ってみたのだそうです。
いいなぁ。私も行ってみたいです
プロフィール

藤壺

Author:藤壺
愛知県在住。
1960年代生まれのうお座で、おおざっぱなO型です。
現在は夫婦二人暮らし。
「にぃやん」(29歳)も「ちぃ兄ちゃん」(27歳)も結婚して、県内で暮らしています。
「末っ子」(24歳)は就職して会社の寮に住んでいます。が、一年経ったら帰ってくるよ!




コメント大歓迎です。
リンクフリーです。ご自由にどうぞ
(^‐^)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問ありがとうございます
キャンドルブログ

キャンドル ブログパーツ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
お友達
AquariumClock 2
カテゴリー
プチ月別アーカイブ
ブログランキング 
励みになります。クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログに降る星
「小倉百人一首」
問い合わせ先
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード