ご無沙汰です

ご無沙汰しております。

ずっと放置しているのに、ご訪問してくださっている皆様、ありがとうございます。

私は元気です!

ややバテておりますが……


もうしばらくしたらまた書きますので、お待ちくださいませ。

……って、なぜこんな時間に?(^_^;)

ホームにて

月曜日のこと。

ホームで電車を待っていました。

本を読みながらだったので、周囲をあまり気にしていなかったのですが、
私の隣で電車を待っていたサラリーマン風の男性。
30代くらい?

突然、線路に向かってサッと歩き始めました。

え?
何、何?
もしかして!
ちょ、ちょっと!

と思ったその瞬間、その男性は、線路に身を乗り出して
ペッと唾を吐きました……

あ〜〜 ビックリした。

良かった、と言っていいものかどうか。

最悪の状況を一瞬、ほんの一瞬 想像してしまい、ドキッとしましたが、
そうではありませんでした。

それは良かったのですが……

マナーとしては最悪ですね……


ちなみにその男性は、電車が来るまでにもう一度、同じことをしていました。

週の始まり、月曜日の朝から嫌な気分になってしまいました。

泥棒 逮捕

今年のお正月に実家に泥棒が入った、と書きましたが、→こちら
その泥棒が逮捕されました。

お隣の岐阜県で同じように盗みを繰り返していたところ逮捕され、余罪を追及した結果、うちの実家にも入ったと吐いたそうで、岐阜県の警察から実家に連絡があったのです。

指紋やら足跡やらを鑑識の方達が取っていかれたので、それが動かぬ証拠となったようです。

盗んだお金はもう無い、と犯人が言っているとのことで、お金は戻ってはきませんが、とりあえず一安心です。

実は、逮捕の連絡があったのは、もう1カ月ほど前で、記事にするのをすっかり忘れておりました

おかず

あちこちからピーマンを頂いて
「どうしようかな~、カットして冷凍してもいいけど、冷凍したものを料理すると、生のものを料理したのとは どうしても食感や味が違うし・・・」
と悩んでいたら、Yちゃんがレシピを教えてくれました

その名も『無限ピーマン』レシピは→こちら

無限ピーマン
ピーマンの苦味は無く、ツナとごま油が程よく合って、どれだけでも食べられちゃいます
そう、まさに『無限』に食べられちゃうんです~
美味しかったです
Yちゃんによると、ごま油の代わりに、麺つゆでもイケるとか

他にはカレーにもピーマンを入れるとか。
ナス・インゲン・ピーマン・玉ねぎの野菜カレーを作ってみました。
カレー
色は暗~いんですけど、お味はなかなかです
カレーの味が強いので、ピーマンやナスが苦手なお子様でもイケルと思いますよ
ちなみに、プチトマトは庭で収穫したものです


それから、実家の母が教えてくれた、新玉ねぎのチンしたやつ。
新玉ねぎ
料理と呼べるほど大したことをしていないので、お恥ずかしいですが・・・
根元部分を残して八等分した新玉ねぎをチンするだけ
あとは、愛知県民の好きな調味味噌をかけます。

新玉ねぎがとても柔らかくて甘いです。
蓮の花みたいな形が面白いでしょ?

我が家にある調味味噌は、イチビキさんの『献立いろいろみそ』
とんかつ、ふろふき大根、おでん、田楽 などなど・・・
いろんなお料理にかけていただきます。
味付きの赤味噌ですね

違うメーカーのナカモさんからは『つけてみそ かけてみそ』という調味味噌も出ています。
豆腐 味噌カツ つけてみ~そ かけてみそ~
というCMソングが有名で、おそらく愛知県民ならどなたも歌える!という・・・

ホントかな?

あかんべえ

読み終わりました。
『あかんべえ』

やはり、終盤のクライマックスのシーンは、読みながら涙が止まりませんでした。

哀しくて、切なくて。


でも、そうなることが皆の為には良いことなので、哀しんでは いられないのです。
現実を受け止めて、明日に向かって歩かなければ。

皆が幸せになりますように

読書・まとめて

久しぶりの読書の記事です。

といっても、そんなにこまめに読んでいないので、ここ数ヶ月に読んだ本をまとめて紹介します
ちなみに、今回出てくる本は、どれも市立の図書館で借りたものです。
私の市では、駅ビルの中に市立図書館があり、仕事の帰りにその図書館に寄って借りてくるのです。

返却は、近所の出張所(公民館)にある、図書の返却ポストに入れるだけなので、図書館まで行かなくてもいいので便利なのです。

まず・・・

去年の10月に、にぃやんのお嫁ちゃんのYちゃんが勧めてくれた、宮部みゆき『おそろし 三島屋変調百物語事始』
おそろし
舞台は江戸時代。
主人公の「おちか」は、川崎宿の旅籠・丸千の一人娘。ある事件を境に他人に心を閉ざす。
江戸で袋物屋を営む叔父夫妻を頼り、行儀見習いの名目で身を寄せている。ある客の話し相手をしたことを機に、伊兵衛が市井の人々が持ち込む不思議な話を百集めるという計画を立て、おちかは客の聞き手となる。(ウィキペディアより)

ということで、怖いお話や哀しい話が数編あり、それぞれ完結していると思いきや、
最終話で皆が一つになるという構成で、
めでたしめでたし、という部分もあれば、未解決の事もあり、続編が気になってしまいます。
読み終わったのは、12月の初めでした


次に読んだのは『こころの匙加減』
これは記事にしましたね
心のさじ加減
なので、小さく・・・

その後、まぁいろいろ忙しくて、読書する時間もとれず・・・

4月から勤務形態が変わり、電車に乗る時間も増えて、電車に乗る時間がもっぱら読書タイムとなり、
5月の連休前に借りたのがこれ
あんじゅう
宮部みゆき『あんじゅう』

「三島屋変調百物語」の第2シリーズです。

・・・が、まさかのハードカバー!文庫じゃない!電車の中で読みたいのに~
「文庫はありませんか?」と、図書館の貸出カウンターで聞いたら調べてくださって、「無いです」と言われました

なので、この分厚いのは家で読む用にして、電車用に文庫をもう一冊
宮部みゆき
同じく 宮部みゆき『本所深川ふしぎ草紙』
深川七不思議を題材に下町人情の世界を描く7編。宮部ワールド時代小説篇。(新潮社HPより)


宮部みゆきさんを読んで、時代小説もいいなぁ、と思うようになりました。

その後も、宮部みゆきさんを探していたのですが、文庫本は見つからず、

6月になり、久しぶりに重松清さんを借りました。
希望が丘の人々
『希望ヶ丘の人びと』
上下巻を並べると、題名が完成します。
借りてくるとすぐにカバーを掛けるので気づかなかったのですが、
上巻を読み終わり、下巻にカバーを掛けようとふと見たら、
ヶ丘びと

ヶ丘びと
って?

そこで上下巻を並べてみて、ようやく気づいたという・・・
てへぺろ

重松清さんは以前から好きで、何冊も読んでいるのですが、
家族、友だち、学校などなど、様々な場所で、老若男女それぞれが悩み苦しみ助け合い、そして成長していく。

ハラハラしてうるっとくる、そんなお話です。

そして、現在読んでいるのが、またまた宮部みゆき
あかんべえ
『あかんべえ』
これも江戸時代のお話です。

先日遊びに来てくれたYちゃんに、「今度これを借りてきたよ~」と見せたら、
「あ。これはね、かわいそうなお話なんですよ」と言ってました。

主人公のおりんちゃんには、お化けが見えるのですが、そのお化けたちは別に悪さをするわけでもなく、
おりんちゃんが呼ぶと出てきてくれて、話し相手になったり、いろんなことを教えてくれたりします。
イラストも可愛いです。

いまのところ、かわいそうな所は無いなぁ、と思いながら読んでいますが、
物語もそろそろ終盤。
どんな展開が待っているのか・・・

駅のホームで電車を待っているうちから読み始め、電車内では、座っている時はもちろん、立っていても読んでいます。



初宮参り

今日はちぃ兄ちゃん・Nちゃんの赤ちゃん(Sくん)の初宮参りでした

ちぃ兄ちゃん・Nちゃん・Sくん家族と、Nちゃんのご両親と、私達夫婦でお参りです。
この神社は、うちの子たちも初宮参りや七五三でお世話になった神社です。
あ、安産祈願もこの神社だったから、生まれる~前から~お世話になっていた神社ですね
Nちゃんもこの神社で安産祈願したんですよ。

一週間ほど前に、ご実家から現在の住まいに戻っていったNちゃんとSくん
ちぃ兄ちゃんも育児に協力して頑張っているそうです

神社に到着した頃は、雨もまだあまり降っていなくて、本殿前で写真を撮ったりしていたのですが、
ご祈祷が終わって出てきたら、雨

ご祈祷中、Sくんはお腹が膨れていたので、ご祈祷の太鼓がドンドン鳴っても、お祓いの鈴がジャンジャン鳴っても、驚かずにぐっすり眠って、とってもお利口さんでした

神社近くのお寿司屋さんで会食の予約をしていたので、和室の個室でのんびりゆっくりお食事。
その後、写真屋さん(最近はフォトスタジオと言うのね)に行き、記念写真を撮りました。

全員集合の写真と、家族3人の写真と、Sくん1人の写真。
最初はおとなしく眠っていたSくんでしたが、途中から泣き出してしまい、おっぱいタイムを挟んでの撮影。プロのカメラマンさんにあやしてもらいながら、何枚も撮ってもらって、最後にお気に入りの写真を選び、データを購入。

私たちが写真館で成人式の写真を撮った頃とは随分違いますね・・・って、もう30年以上も昔の話です

その後、Nちゃんのご両親とはお別れし、Nちゃんがおじいちゃん・おばあちゃんに挨拶したい、出産祝いのお礼が言いたい、と言ってくれたので、夫の母と、私の両親に、会いに行きました。
Sくんとの初対面
皆、とても喜んでくれました

誕生から1ヶ月で体重が1.5キロも増えたSくん
これからも、スクスク元気に育ってね
お宮参り





岐阜弁「おれんたぁ」 (『半分、青い。』より)

私は愛知県民ですが、両親は岐阜県出身。
夫の両親も岐阜県出身。
ということは、親戚も皆岐阜県在住。

というわけで、私が話すのは、岐阜弁まじりの尾張弁・・・かな?
だから、同級生と話していても、岐阜弁が交じると「???」となることも・・・


なので、『半分、青い。』を観ていると、「ああ、これ!言う、言う~」ということがよくあります

今日 笑っちゃったのは、鈴愛のお父さん(滝藤賢一さん)のセリフ「おれんたぁ」

言う!言う~!

テレビの前で爆笑です

「おれたち」っていう意味なんですけど。
「~たち」のことを「~んたぁ」と言うんですねぇ。

【使用例】
「あの人んたぁがいかんのやて」→「あの人たちがいけないのですよ」

「~んたぁ」は、「~んたらぁ」と、「ら」が入ることもあります

ちなみに、「友だち」は、「友だち」のままです。

コバエ獲り

先日、電車の中で、見知らぬ女性が連れの女性に話していました。

聞くつもりはなかったのだけれど、大きな声だったので聞こえちゃった。

「麺つゆと洗剤を混ぜると、コバエが獲れるよ。めっちゃ獲れるんだよ〜〜」

へぇ〜、そうなんだ!それは安上がり(*^o^*)

詳しい作り方をネットで検索して、作ってみました╰(*´︶`*)╯♡

コバエは、まだあまり見かけないけど、念のため置いておこうと思います。

さあて、どのくらい獲れるかな?





言わないで!

『西郷どん』を観ていたら、西郷が切腹させられそうになった。

で、私は独り言のように
「でも、ここではまだ西郷は死なないよね。いくら歴史の苦手な私でも、それくらいは分かるわ〜」
と言いながら観てた。

そして、夫はパソコンの画面を見ながら、私のその言葉を聞いていた(らしい)。

話が先に進んで、寺田屋騒動が起きたΣ(゚д゚lll)

どうなっちゃうんだろうと、ハラハラドキドキ観ていたら、夫がパソコンの画面を見たままボソッと言った。

「この人、ここで死ぬよ」

∑(゚Д゚)

どうしてバラしちゃうの〜〜?

え?

知らないのは私だけ?

皆さん、ご存じでした?


あら、そうなのね(^_^;)

プチトマト

苺の季節はもう過ぎて、プチトマトが赤くなってきました

プチトマト
でっかく写ってるけど、プチトマトです
アップにし過ぎちゃった
とっても甘かったです

他にぐんぐん伸びてきているのは、

マリーゴールド (去年のこぼれ種から)
ルコー草    (上に同じ)
青しそ     (上に同じ)
赤しそ     (上に同じ)
小紫 (去年刈り込んだもの)

へへ、写真はありません
またの機会に。

それと、
最近咲いているのが
ゼフィランサス
ゼフィランサス

撫子とかすみ草
撫子かすみ草(ピンク)

トリテレイア
トリテレイア

トリテレイアなど
トリテレイアと仲間たち(ビオラキンギョソウ


それと残念なのが、去年咲いてたのに今年はなぜか見かけない この子
謎
ヒメヒオウギ(写真は昨年のものです)

球根を植えた記憶がないのに、去年咲いてたの。
今年も咲くかな、と楽しみにしているのに、なかなかお目にかかりません
どうしちゃったのかしら・・・
プロフィール

藤壺

Author:藤壺
愛知県在住。
1960年代生まれのうお座で、おおざっぱなO型です。
現在は夫婦二人暮らし。
「にぃやん」(29歳)も「ちぃ兄ちゃん」(27歳)も結婚して、県内で暮らしています。
「末っ子」(24歳)は就職して会社の寮に住んでいます。が、一年経ったら帰ってくるよ!




コメント大歓迎です。
リンクフリーです。ご自由にどうぞ
(^‐^)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問ありがとうございます
キャンドルブログ

キャンドル ブログパーツ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
お友達
AquariumClock 2
カテゴリー
プチ月別アーカイブ
ブログランキング 
励みになります。クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログに降る星
「小倉百人一首」
問い合わせ先
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード