父と母のこと

在宅の仕事に追われ、パソコンから遠ざかっている間に、はや7月!!

今年ももう半分が過ぎてしまったのね。はやいなぁ・・・

まぁ、いろいろあったしね。

慌ただしく過ぎた半年でした。


母のその後ですが、

以前書いたのは4月の外来診察のときかな?

その後の5月の外来診察のとき、母が「足が固くて、以前のようには膝が曲がらない」と先生に言ったら、ベッドの上で行う体操を教えてくださいました。

近所を歩くだけでは、リハビリとしては不十分だったのね。

毎日その体操を続けたところ、筋肉や関節も柔らかく、よく動くようになりました。よかったよかった。


で、6月の外来診察

実は、1月の手術のときの記事には書かなかったのですが、

圧迫骨折していた背骨と健康な背骨をボルトでつないだ時に、

砕けた骨を取り除いた箇所に、骨のかけらと接着剤をまぜた「移植骨」を入れていたのです。

6月の診察でCT撮影したところ、その移植骨がきちんとくっついている箇所もあるが、まだくっついていない箇所もある、

ということで、コルセットは引き続き着用するという診断。

でも、今までのよりも軽くて少し柔らかい物に変更です

今までの頑丈で重いコルセットは、疲れる、と言っていた母ですが、今度の軽いコルセットはとても快適だそうです。

よかったよかった。

お風呂も、ゆっくりですが一人で入れるようになり、暑い時期はシャワーで済ますこともあるから、入浴の介助ももう必要ないよ、と母が言うので、

姉も私も、お言葉に甘えることにしました


そんなこんなで、7月7日で、母の手術から はや6ヶ月。

この日、父が『脊柱管狭窄症』の手術をしました。

担当は、母の手術をしてくださった、脊椎外科の専門の先生です。

先生曰く、「お父さんの手術は、お母さんと比べれば軽いもんだから、そんなに心配せんでもいいよ。骨を削るだけだからね~」だそうで。

手術時間も、母の5時間とは違って、3時間で終わりました。

術前は、腰の痛み・下肢のしびれ等があったのですが、術後はそれもすっかり改善されました。

入院は7~10日とのこと。

母と違って運動の制限もないので、退院後はすぐに車の運転ができるそうです。

よかったよかった。






最近のこと

おかげさまで、母は、28日に無事に退院いたしました。

寝る時以外はコルセットをつけているので、動きが制限されています。
術後3ヶ月頃が ちょうど骨が形成される重要な時期だそうで、特に安静にしていないといけないのだそうです。
前屈の姿勢や、身体をひねること、しゃがむことなど、禁止されているので、入浴は介助のヘルパーさんに来てもらっています。

姉や私が介助できるといいのですが、素人ですし、どうやったらいいのか分からない、ということで、
最初は、ヘルパーさんの入浴介助を見学してやり方を教えていただき、ゆくゆくは自分たちで介助しよう、ということにしました。
母の身体も、だんだん良くなっていくので、介助することも徐々に減っていくことでしょうし。

リハビリは、担当の先生に「家の近所の道路は危ないので、スーパーショッピングモールで、カートを押しながら歩くといいですよ。」と言われました。
そこなら自動車も来ないからね
シルバーカーは、前傾姿勢になるのでお勧めできないとのことでした。なるほど。

入院していた頃のように毎日リハビリできるといいのですが、それはちょっと無理なので、
姉と私の都合がつく時に、交替で車で連れ出すことにしました。

二人とも忙しい時は、父がスーパーに乗せていけばいいし。でも、父も自分の通院やら何やらで、結構忙しいみたい。



話は変わりますが、この前、にぃやんが四国に行ってきました。
で、そのお土産
四国土産
愛媛といえば、これですよね~

それと、ちぃ兄ちゃんは、3日から卒業旅行に行ってます。
行き先は、フィリピンと・・・どこだっけ?

帰国は13日の予定。


そして、末っ子は、3日・4日と、大学主催の就職説明会に行ってきました。
リクルートスーツで。

いろいろな企業の方々から話を聞いてきたそうで、「疲れた~」と言ってました。

4月からは4年生。
卒業後は院に進むのが希望なので、就活は二年後なんだけど、
一応この時期に、新4年生は全員この就職説明会に参加するのだそうです。

あ~、もうそんな歳なのか。

私も歳を取るはずだわ、と、ひしひしと感じる今日このごろであった。

そういえば、この前夜中(0:04頃?)に地震がありました
震度4ですって!怖かった~

そのうちに、東海・東南海地震が くるのかなぁ・・・

退院にむけて

介護認定審査会にて、要介護1の判定が出ました。

住宅改修の費用が一割負担で出来ることになったので、早速業者さんが工事の手配をしてくださり、金曜日に手すりが付くことになりました。

お風呂で使用するシャワーチェアーと、浴槽に沈める台は、直接肌に触れる物なのでレンタルできないということで、購入します。

金曜日に自宅の環境が整うということで、土曜日に退院ということになりました

水曜日には退院にむけての担当者会議があります。


ここで、「え?要介護?」と疑問に思われた方のために、ちょっと解説を。

以前、術後のレントゲン写真を紹介しましたが、あのボルトが入っている骨が固まってしっかりするまで(およそ3ヶ月)は、
「前かがみになってはいけない」「身体をひねってはいけない」
と言われているのです。

だから、靴下が自分で履けないし、物を落としても拾えない。

なので、介護が必要なのですね。
でも、症状は徐々に好転していくと思うので、ずっとこのままというわけではないでしょう。


病院で、リハビリ担当の方が教えてくださった「ソックスエイド」(→コチラ)の型紙をダウンロードして、作ってみたけど、材料がやや薄かったので、ちょっと失敗。

試作品2は、もう少し厚い板でつくろうと思います。



ご無沙汰です・母のこと

あまりにも放置しているので、変な広告が出てしまう・・・
何か書かないと・・・

おかげさまで、母は順調です。
ありがとうございます。
手術後、脚の痛みは全く無くなりました。

先日は外出許可が出て、一時帰宅。
「トイレや浴室、玄関などに手すりをつける」という住宅改修のために、介護用品の方と、工事をしてくださる大工さん、地域包括支援センターの担当の方々と一緒に、母の身体に合った手すりの位置・長さなどを決めました。

自宅に介護ベッド(電動のやつ)が届いたので、昨夜は初めての外泊。一ヶ月半ぶりの我が家です。

父と母の二人だけでは不安なので、姉と私も泊まりました。

今日は、ケアマネージャーさんも来てくださって、現在の母の様子や今後のサービスについて、いろいろと聞き取り・説明など してくださいました。

そして午後、また病院に戻りました。

自宅の環境が整えばいつでも退院できるよ、と主治医の先生がおっしゃってくださっているので、今月中に退院できればいいなあ、と思っています。

手すりの工事が今月中に終わるといいんだけど。

母のこと、書くことがたくさんありすぎて書けない・・・。

父のことは・・・書きたくない。ごめんね。いつか落ち着いたら書く。

かもしれない。


母のこと

あっという間に 手術から一週間です。
随分ご無沙汰してすみません。
心配して覗いてくださった皆さま、ありがとうございます。

手術は、ちょっとしたアクシデントがあり、5時間という長時間になりましたが、無事成功しました。
ボルト
術後の、横からの画像です。正面からの画像もありますが、ここでは割愛します。

の骨が、圧迫骨折してる骨。下の方が崩れてる感じですよね。
で、このからはみ出して、神経を刺激していたヤツを取り除き、神経を解放させた後、の骨をボルトでつなぐ予定だったんだけど、の骨が思いのほかもろくて、ボルトを入れても緩んでしまうのだそう。

で、急遽、も一つ上の骨(ですな)も繋いだというわけ。
なので、予定よりも時間が延長したのです。

なかなか終わらないのでやきもきしていたんだけど、無事に終わって一安心。
手術中の出血も少なく、手術中には輸血の必要は無かったとのこと。

全身麻酔だったので、麻酔が覚めてからもしばらくは朦朧としていましたが、
翌日には酸素マスクも取れて、はっきり会話もできるようになりました。
ただ、背中の痛みと、痛みに伴う吐き気に悩まされていました。

当日は両手に繋がっていた点滴も、翌日には片手だけになり、やがて4日目にはすっかり取れました。
エコノミー症候群防止のために、両足に巻きつけて加圧していた装置も、4日程で外れ、
体内から出た血液を背中の傷から出すために繋がれていた管も、出血が減ってきたので3日目に外れ、
4日目から、ベッドを降りて歩くようになりました。

脚の痛みは、手術直後から全く無く、現在は背中の痛みもすっかり無くなりました。
主治医の先生は、毎日病室に顔を出して下さり、傷の具合や、コルセットの調子を見て、いろいろ話をしてくださいます。

リハビリは、専門の方が来て付き添って下さり、歩行練習用の歩行器を使って、6階のフロアを歩いています。
あんなに痛くて、3歩も歩けなかったのが嘘のように、今は痛みもなく歩けるんです。

良かった。本当に良かったです

脚の痛みがないとはいえ、骨を削ったり、固定したりしているので、無理して歩いてはいけません。
今後の状態にもよりますが、4週間から1ヶ月ほど入院して、
じっくり時間をかけて、ちゃんと骨がくっつくように、焦らず、リハビリを続けていく予定です。

とりあえず、現在はこんな感じです。

ご心配くださった皆さま、
励ましの言葉をくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

感謝感謝です。

母のこと

本日(1月6日)、入院しました。
明日(1月7日)はいよいよ手術です。
手術は、「腰椎後方除圧固定手術」というものです。

眠れないので、パソコンを開いています。
これまでのことを書きたいと思いますが、長くなりますので(しかも、字ばっかりで、つまらないよ)、
ご用とお急ぎでないお方だけ、お付き合い下さいませね


最初に、腰から脚にかけて激しい痛みが走ったのは、10月20日
それまでも腰痛があり、市内のかかりつけの整形外科に通っていた母。
この時もその整形外科に行き、注射をしてもらったのです。

が、なかなか良くならないので、市内の総合D病院を紹介してもらい、そこで撮ったMRIの画像をもらってきて、引き続きこの整形外科で治療を続けていたのです。
「脊柱管狭窄症」と診断され、痛みをブロックする注射を数回打ってもらいました。
あと、飲み薬も処方されました。

しかし痛みは治まらず。
姉や私が、ほかの病院で診てもらうように言っても、今更変わるのが億劫なようで、なかなかウンと言わない母。

この間(かん)、母は痛みのせいで歩くこともできず、ずっと寝たまま。

ある日、いつものように行った整形外科で、先生が信じられない言葉を発したのです。
ちっとも良くならんね。一度、MRIを撮ってみようか
「え?この前、撮ってきましたよ!」と思わず母も叫んだそうで、その言葉にビックリした先生は、慌てて画像を探しに行ったのだとか・・・

なんてこと。

今まで打ってきたブロック注射は、MRIの画像を見て、打ってたんじゃないの?
適当に打ってたの?

さすがの母も「あの先生は、もう信用できない!」と怒って、ようやく転院する決心がついたのです。
「だいたい、あの先生は、注射する量をいつも看護師さんに相談してる」「注射する時に、手が震えてる」とか言い出すし。
だから、よその病院に行こう、って何度も言ってたやんか。
今更言ってもしょうがないけど。

整形外科からMRI画像を借りてきて、ネットで調べた、脊椎外科センターのあるM総合病院に行きました。
M総合病院で新たに撮ったレントゲンとCT、借りてきたMRI画像、そして、母の痛みの状況・程度から出された診断結果は、

圧迫骨折した背骨のかけらや、圧迫骨折によってつぶされた椎間板が、飛び出して神経を刺激している

というものでした。
「圧迫骨折」したのは、現在の骨の状況から考えると、もうかなり前、おそらく9月頃だろうとのこと。
↑で「それまでも腰痛があり、市内のかかりつけの整形外科に通っていた」と書きましたが、このとき既に、圧迫骨折していたのですね
このときレントゲンを撮った、と母は言うのですが、どうやら見落とされていたようです

「脊柱管狭窄症」ではなかったのです

この診断が出たのが12月9日
もっと早く病院を変わっていれば、こんなに長く痛みを我慢することもなかったのに・・・
母が嫌がっても、強引にM総合病院に連れて行けばよかったのに・・・

M総合病院でも、ブロック注射をしました。

ただ、今までの整形外科と違うのは、ここでは造影剤を入れて、ちゃんと画像を見ながら神経に注射する、ということ。
今までの整形外科では、先生が、震える手で(高齢のせい?)手探りで打っていたそうな。そんなんで、ちゃんと神経に届いていたのか?

ああ、もっと早くここに来ていれば・・・
(だから、今更言ってもしょうがないんだってば)

結局、M総合病院では、神経の位置を変えて2本、ブロック注射を打ちました。
まず1本打って、一週間様子を見て、
あまり効果が無かったので、もう一つ下の神経根にまた1本打って、一週間様子を見ました。
それでも効果が無かったので(もちろん、飲み薬も処方されましたよ)、最後の手段の、「腰椎後方除圧固定手術」となったのです。
この判断をしたのが、12月22日
この時点で手術室が開いているのが、早くて1月7日だったのです。

背骨を後ろから開いて、神経を刺激している骨の欠片や椎間板を取り除き、神経を解放させる。(これが「除圧」)
背骨の関節を取ってしまうことになるので、背骨をつなぐために、ボルトを入れる。(これが「固定」)


手術時間は4時間半、入院は2週間から1か月、とのこと。
合併症や後遺症の説明もあり、それ次第で入院期間が長くも短くもなるのね。

退院後も一年くらいはコルセットをつけるそうです。

手術に伴うリスクの話を聞いていると、心配でしかたない。
あくまでそれは、数千人に1人とか、数万人に1人とかの話。でも、可能性はゼロではない・・・

心配だけど、今のままでは、痛みで2・3歩しか歩けない。それも辛いし・・・

脊椎専門で、この手術は数限りなくこなしていらっしゃる先生を信じて、すべてお任せするしかないのよね。

あ、もう12時過ぎて、7日になっちゃった。
もう寝ます。
眠れないかも知れないけど・・・

手術前の母の前では、心配そうな顔を見せないようにしなくちゃね。
そうそう、末っ子がお友達に誘われて、熱田神宮に初詣に行く、って言ってたから、『病気平癒』のお守り頼んで、買って来てもらったよ。
お守り
あ!ちょっとデカ過ぎた!
まっ いっか~

今年は我が家は初詣に行ってないのよね。
喪中だから。

末っ子には、「鳥居をくぐらず、ちゃんと横から回って入るんだよ」って言っておいたけど、それでいいんだよね?

明日(あ、もう『今日』だわ)は、このお守りを持って行こう。


長々と、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

母のこと

突然ですが

母が年明けに手術することになりました。

『腰椎 後方手術』というものです。

10月20日に脚に痛みを感じてからの 2ヶ月の経緯を書く気力が今は無いので、とりあえずご報告まで。

脳梗塞で11月30日に入院し、今はもう退院してピンピンしている『父のこと』という記事も、今は書く気力が無いので、それもまたいつか、ということで。

ごめんなさい。
プロフィール

藤壺

Author:藤壺
愛知県在住。
1960年代生まれのうお座で、おおざっぱなO型です。
同居している家族は、
同い年の夫と「末っ子」(23歳)

「にぃやん」(28歳)・「ちぃ兄ちゃん」(26歳)ともに結婚して、それぞれ夫婦二人で暮らしています。


コメント大歓迎です。
リンクフリーです。ご自由にどうぞ
(^‐^)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問ありがとうございます
キャンドルブログ

キャンドル ブログパーツ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
お友達
AquariumClock 2
カテゴリー
プチ月別アーカイブ
ブログランキング 
励みになります。クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログに降る星
「小倉百人一首」
問い合わせ先
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード