fc2ブログ

『舟を編む』

録画しておいた『舟を編む』を、今日観たよ。

辞書に載せる言葉のうちで、固有名詞の場合は、その専門分野の方々に語釈の原稿執筆をお願いするのだそうで、今回「水木しげる」さんについての語釈を、大学教授にお願いした編集部。
スペースの都合で、語釈のおおよその量は必然的に決まってしまう。
そのため「執筆要領」を渡して原稿執筆をお願いするのだが、その教授はとてつもなく長い原稿を送ってきた。
編集部が、大幅に削った原稿を教授に送ったところ、

「水木しげるのことをそんなに短い言葉で説明できない。私の原稿を一言一句削らずに載せろ。そうしないと、他に書いた原稿もすべて取り下げる!」

と、激おこぷんぷん丸なのだ。

謝罪とお願いのため、編集部から教授のもとへ向かったのは、池田エライザと向井理。

その二人に向かって、教授は、子供の頃に水木しげるの漫画に救われたこと、水木しげるの素晴らしさ、などを力説する。

……じっと聞いている向井理

……ってさ、水木しげるの役やってたよね?
朝ドラの『ゲゲゲの女房』で。

これは偶然?
このために決めたキャスト?

真面目なシーンなのに、クスッと笑ってしまった不謹慎な私であった。

ふてほど

前回も書いた『不適切にもほどがある』は略して『ふてほど』と言うそうな。

今日の『ふてほど』
令和6年にいる阿部サダヲは、古田新太(阿部サダヲの娘婿)から、過去の「ある日」の話を聞く。
娘家族が住む神戸へ向かった阿部サダヲ。

「あの日」だったんだね。

🎵巻〜いて 巻いて 手〜巻きずし〜

↑という歌を聞いて、ピンときたあなたは私と同世代😊

録画してあった『春になったら』を観ていたら、みんなで手巻き寿司を食べるシーンがあって、父親役の木梨憲武さんが
「食べて食べて。手巻き寿司。巻いて巻いて」
って言うから、笑っちゃった🤣

仮面ノリダーが歌ってたよね。

🎵か〜いわれ 巻き巻き
🎵ネ〜ギトロ 巻き巻き
🎵巻〜いて巻いて 手〜巻きずし

って。
え?ご存知ない?
そっか……

この、『春になったら』は、父親・木梨憲武さん、娘・奈緒さんで、初回放送で

娘:「3ヶ月後に結婚します!」
父:「3ヶ月後に死にます!」

と、同時にカミングアウトして、お互いが
「え⁉︎ え⁉︎ どういうこと?」
となって始まったドラマ。

娘である奈緒さんは、売れないバツイチ子持ちのお笑い芸人との結婚を決めている。
父親である木梨憲武さんは、膵臓がんで余命宣告されている。

というね。

叔父がもう随分前に膵臓がんで亡くなっているから、木梨憲武さんのことが心配……


今期観ているのは、この『春になったら』のほかに、


『正直不動産2』
言わずと知れた山P主演。前シリーズに引き続き観ています。前シリーズでも書いたけど、相変わらず山Pはお肌ツルツル。ディーンフジオカがなんとも憎らしい役でお上手ですね。

『ジャンヌの裁き』
なんとなく初回を観たら、ココリコ田中さんが結構悪い役で、それが気になって見てしまう。法律は詳しくないけど、実際はこんなに上手くはいかないよね、ドラマだもんね、と思いながら観ています。

『不適切にもほどがある』
1986年から令和6年にタイムスリップしてきた主人公の阿部サダヲ。カルチャーショックを受けながら、1986年と令和6年を行ったり来たり。主人公とは逆に、令和6年から1986年にきた(行った?)人もいて、人と人との関わりが面白い。1986年の様子に「あるある〜」と思いながら観ています。

『お別れホスピタル』
以前放送されて私も観てた『透明なゆりかご』と同じ沖田×華さん原作のドラマ。終末期の方々が入院されている病棟が舞台。ここで働く方々の大変さが伝わる、そして、自分の最期のことを考えさせられるドラマです。
でも次回は最終回。もっと観たいな。

『アニメ キングダム』
家にコミックが70巻まであるので、既に読んだ話を放送してるんだと思うんだけど、あれ?こんなシーンあったっけ?と思うシーンも。今やってるのはコミックの何巻あたりなんだろ?

『光る君へ』
大河ですね。衣装やら建物やら調度品やらが見たくて。登場人物は「藤原のなんとかさん」が多すぎて、誰が誰やら。道長は分かるよ。ってそれは当たり前か。
ホームページに載ってる人物相関図を見ながらドラマを観ています。
でもやっぱり、名前が分かりづらいので、俳優さんの名前で呼んじゃう。
「段田さんとセーラームーンの息子が道長で、ターちゃんとちゅらさんの娘がまひろ」
ってね。あ、セーラームーンもターちゃんもちゅらさんも、俳優さんの名前じゃないや。ここだけ読んだら何が何やら。
セーラームーンっていうのは、三石琴乃さん。
ターちゃんっていうのは、「ジャングルの王者ターちゃん」でターちゃんの声優だった岸谷五朗さん。
ちゅらさんっていうのは、朝ドラ『ちゅらさん』の国仲涼子さん。です。

『舟を編む』
以前、映画は観ました。今回はドラマ。RADWIMPSの野田洋次郎さんが主役。辞書を作るお仕事をされています。ゆっくり丁寧に作られている感じが伝わってくるドラマ。柴田恭兵さんも懐かしい。スマホの辞書が便利なので、ついついスマホの辞書を使ってしまうけど、ほんとは紙の辞書の方が好きよ。一つの言葉を調べようとすると、同じページに載っている他の言葉も目に入ってきて、「へ〜、こんな言葉があるんだ」という発見があるから。




私の場合、「好きな俳優さんが出てるから観る!」っていうのはなくて、内容が気になると観る、という感じ。
別に誰が出てるとか関係ない気がする。
あ、それと、若い子たちが出てくる恋愛物はもうついていけないので、あまり観ないかな。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

下剋上球児

高校野球が好きなので、『下剋上球児』を観ています。

高校野球部を指導している南雲先生(鈴木亮平)は、大学を卒業できなかったため、教員免許状を偽造し、教員免許が無いのに高校で教師をしている、という設定。
 

そんなことあるの⁉︎
と思って検索してみたら、
ドラマのモデルとなった高校野球部はあるし、
モデルとなった先生も実在する、と書いてありました。

が!
実際の先生は、ちゃんと教員免許をお持ちとのこと。
そりゃそうだよね💦

教員免許状偽造は、ドラマでの設定なんですね。

で、今日の放送の最後は、南雲先生(鈴木亮平)が、警察に出頭する、というシーンでした。

公文書偽造の罪で拘留されてなんたらかんたら、とドラマの中で言ってましたが、
それだけじゃないよね?

教員免許の無い人が授業してたら、その授業を受けた生徒たちは、その授業の単位は認定されないよ。

免許のある教員の授業を受け直さないといけないのよ。

ドラマでは、ちゃんとそういうこともやるのかな?
気になるわ〜💦

NEVER

テレビで「ソレダメ!」を観ていたら、納豆を使った料理を紹介していたのね。

で、そこでBGMで流れていたのが、未唯mieさんの「NEVER」

そう、あの、「🎶Never Never Never Ever…」のところね😊

納豆をかき混ぜるシーンで必ずと言っていいほど流れるよね😊

言わずと知れたTVドラマ「不良少女と呼ばれて」の主題歌です。

すると、そのドラマを知らなかった夫が、パソコンで検索しました。(ちょうどパソコンを見ていたところだったので)

主題歌と共に、様々な場面の写真が出ていて、懐かしいなぁと思いながら見ていたら、ある俳優さんのお顔が……

あれ?これ誰だっけ?
顔は知ってる。絶対知ってる! 
でも、悲しいかな、名前が出てこない😭

夫は「田村正和の兄さんやないか? あ、田村亮や」なんて言ってるけど。

絶対違う! 
確かに、兄弟で俳優さんだけど、田村ではない!

『兄弟で俳優』って分かってるのに、なぜ名前が出ない?
ああ、悔しい😠

仕方なく「『不良少女と呼ばれて』キャスト」って検索したら、ヒットしました……


山本學さんでした💦

弟さんは山本圭さん(『ひとつ屋根の下』に出てたよね)

ほらぁ、兄弟で俳優さんじゃん。
って、
そこが分かってて、なぜ名前が出てこない?

あぁ、悲しいわ。
人の名前が思い出せないお年頃です😵‍💫

秀吉の尾張弁

『どうする家康』を観ているんだけど、秀吉とその弟の尾張弁が気になってしまう。

文字で書くと合ってるんだけど、
イントネーションがちょっと違う💦

例えば
「◯◯では、いかんがや(=だめだ)」
と言う時、 
「いかん」の後で「がや」が下がってる。
正しくは
「いかんが」までが高くて「や」で下がる。

あと、昔よくタモリさんが真似してた「みゃあ〜みゃあ〜」という言葉。(実際には何でもかんでも『みゃあ』と言うわけではない)

「急ぎなさい」の時は「急ぎゃあ」
「やりなさい」の時は「やりゃあ」
だけど、
「見なさい」の時は「見やあ」
「しなさい」の時も同じく「しやあ」
つまり、「や」は大きいままなのよ。

だからね、「早くしなさい」て時は「はよ しやあ」となるわけよ。

それを、今日の秀吉は「見ゃあ」って言ってた。
そんなんだから、
「名古屋の人は『みゃあみゃあ』言う」って言われちゃうのよ。

別に、ムロツヨシさんは悪くないんだけどね。


映画『清洲会議』で、大泉洋さんが演じた秀吉は、完璧でしたね(何さまですか?😁)

近所のおじさんが喋ってるのかと思うほど、自然な尾張弁で、大泉洋さんは流石だな、と思いました。
物真似が上手い人は、方言を覚えるのも上手なのかしらね。

哀しみのソレアード

前回の記事の、カックラキン大放送のエンディングテーマは、『哀しみのソレアード』という題名でした。

1980年代に番組で使われていたそうなので、かれこれ40年近くも前のこと。
それ以来聞く機会などなかったから、
40年近くも前に聞いていた曲の歌詞を思い出した、ってことよね。

歌ってすごいよね
いつどこで聞いたのかは思い出せないのに、歌えちゃうって。

ブラッシュアップライフ

『ブラッシュアップライフ』を観ています。
バカリズムさん脚本の。

主人公の安藤サクラさんが、交通事故で亡くなっり、来世は「オオアリクイ」だと言われ、今世で徳を積めば来世はまた人間に生まれ変われるかも、と聞いて、今世を赤ちゃんからやり直すことに。しかも今までの記憶を持ったまま・・・

という内容。

結局、あれこれ頑張って徳を積んでも、人生の同じ時期にまた事故に遭い、命を落とす主人公。

その都度赤ちゃんからやり直し、現在は、人生4周目。
そして、本日放送の、その4周目がまさかの展開となり、結局5周目もやり直すことに・・・

どうなっていくのでしょう?


で、考えたんだけど、現在普通に暮らしているけど、ひょっとしたら、この主人公みたいに人生をやり直している人が、私の周りにいるのかもしれない。私が知らないだけで・・・

そう思うとなんだか楽しい

ドラマは、どのような展開になるのか・・・
来週が楽しみです

東京MER

東京MERが、最終回だったらしいですね🏥

毎週録画予約していて、全部録画してあるんだけど、この夏忙しかったのでなかなか観られず、
ようやく第2回を観ました😅

たくさん溜まってしまったので、一括消去しようかどうしようかと迷い、とりあえず第1回を観てどうするか決めようと思って観てみたら、なんとまぁ面白いじゃないですか😄

ということで、何週か遅れで観ています😅

前にもこんなことあったなぁ…
あ、大泉洋さんが出てたラグビーのやつだ(記憶が雑😅)

コーヒーミル

『珈琲いかがでしょう』が、次回で最終話ですね。

前回の記事の後、中村倫也さんと磯村勇斗さん、それぞれの過去や、2人の過去など、いろいろなことが分かりました。

磯村勇斗さんの少年時代を演じていたのは、
『エール』で作詞家の少年時代を演じ、『麒麟がくる』ではお寺で薬を売っていてすぐに殺されてしまった少年を演じていたあの子。
(名前は、え〜っと……)

金髪時代の中村倫也さんに、珈琲の淹れ方を教えてくれたのは、光石研さん。
光石研さんは、朝ドラ『エール』にも出てみえたけど、今だに私の中では『泣くな はらちゃん』のかまぼこ工場の工場長さんです。
『泣くな はらちゃん』ご存知?また観たいな〜。
でも、長瀬智也が主役だから、再放送してくれないのかしら?


話が逸れちゃった。

コーヒーミルの話です。
今まで、メリタのコーヒーミルを使っていたんだけど、末っ子が山に持っていくために、登山用品のコンパクトなコーヒーミルを買ってきたら、
なんと、これが、とても軽い力で出来て使いやすい❣️
なので、最近は登山用のコーヒーミルを家でも使っています。

『珈琲いかがでしょう』の回想シーンでも、中村倫也さんが、コンパクトなコーヒーミルでゴリゴリやってましたね。
おー、おんなじだ〜❣️と感動しました😊
プロフィール

藤壺

Author:藤壺
愛知県在住。
1960年代生まれのうお座で、おおざっぱなO型です。

3兄弟は結婚し、「にぃやん」(35歳)・「末っ子」(30歳)は県内で、「ちぃ兄ちゃん」(33歳)は沖縄県で暮らしています。

コメント大歓迎です。
リンクフリーです。ご自由にどうぞ
(^‐^)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問ありがとうございます
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事+コメント
お友達
カテゴリー
プチ月別アーカイブ
ブログランキング 
励みになります。クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログに降る星
「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード