FC2ブログ

父のこと・その1(長いです)

今回はリアルタイムのお話。

庭の写真が何枚かあるのですが、
またそれは いつか……


父が入院して10日あまり。
今度の週末に外泊してはどうかと、主治医の先生に言われました。
点滴は土曜日に既に外れており、脳梗塞の治療はもう済んでいるとのこと。

それなのに入院が続いているのは、おそらく1人での歩行がまだ心配だからだろうと思います。

点滴が外れてから、作業療法(野菜の名前を10個言う、簡単な計算問題をする、ランダムに書かれた数字を1から順になぞる、などなど)と理学療法(杖をついてデイルームまで廊下を歩く)をしています。

洗濯物や読書用の本を届けに行くと、昨日はあれをした、今日はこれをした、上手くできなかった、などと話してくれます。

そういう状況での、主治医の先生からの外泊の提案。

本人は、「歩くときにふらつくから、家では心配だ」と不安なようですが。

昨日 私が行った時には、ちょうど理学療法士さんがいらっしゃったので、デイルームまでの歩行訓練の後ろについて行きました。

杖をついて歩く父の隣を、理学療法士さんが手を添えながら歩いてくださいます。
父はもともと歩くのが速いので、この日も速く歩いていましたが、時々フラついて、倒れそうになることも(>_<)
すかさず、サッと理学療法士さんが支えてくださるので、倒れることはありませんが。

「まだ自宅に帰るのは心配ですね……」と理学療法士さんには言われました。
自宅は病院の廊下のように広々としていないし、つまずきそうな物がたくさんあるし……
もう少し、しっかりと歩けるようになるまで入院できないかな……と思ってしまいます。
母が言うには、入院する以前から父はあまり歩かず、こたつに入ってずっと座ってばかりだったそうなので、今回リハビリしても、限界があるかもしれません。どこまで歩けるようになるのか……


歩くこともそうですが、他にも心配なことが……

昨日聞いたことを忘れていたり、おかしな事を言ったりするのです。
脳梗塞のせいなのか、加齢によるものなのか。

今週は、姉と私が交互に病院に行っており(母は毎日は大変なので3日に一度くらい)、その都度電話やメールで父の情報を共有しています。
母が入院していた時もそうでしたが、こういう時、女同士のきょうだいだとあれこれ協力できるから良かったなぁと思います。


明日は母と午前中に行って、外泊のことやその他、いろいろ聞いてこようと思います。

長々と読んでくださってありがとうございました😊

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

藤壺

Author:藤壺
愛知県在住。
1960年代生まれのうお座で、おおざっぱなO型です。

「にぃやん」(31歳)も「ちぃ兄ちゃん」(29歳)も結婚して、県内で暮らしています。
「3兄弟」は現在「末っ子」(26歳)一人になりました(^-^)

コメント大歓迎です。
リンクフリーです。ご自由にどうぞ
(^‐^)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
訪問ありがとうございます
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事+コメント
お友達
カテゴリー
プチ月別アーカイブ
ブログランキング 
励みになります。クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログに降る星
「小倉百人一首」
問い合わせ先
ブログ内検索
RSSフィード